北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Solarisでのパケットキャプチャー

Solarisでパケットをキャプチャーして、どのポートがどのような通信を行っているか確認したい場合は「snoop」コマンドを使用します。rootユーザー(スーパーユーザー)でのみ実行可能です。ただ単に「snoop」と入力するだけでも実行できます。主なオプションは以下の通りです。

-d
キャプチャーするインタフェース名を指定します。
例:# snoop -d hme0

port
キャプチャーするポートの番号を指定します。
例:# snoop port 80

-o
キャプチャーしたパケットの内容をファイルへ出力します。
例:# snoop -o /temp/aaa.log

-i
以前にファイルへ出力した内容を画面へ表示します。
例:# snoop -i /temp/aaa.log

-q
キャプチャー結果を画面に表示しないようにします。
キャプチャー結果をファイルにのみ出力したい場合に指定します。
例:# snoop -q -o /temp/aaa.log

オプションを組み合わせて使うことも可能です。

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/12/01(金) 12:50:32|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<LinuxやFreeBSDでのパケットキャプチャー | ホーム | Solarisのバージョン確認>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://northaraba.blog17.fc2.com/tb.php/92-1394e4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。