北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Solarisでのユーザー削除

Solarisでユーザーを削除する場合は、「userdel」コマンドを使います。以下のコマンドを実行すると、ユーザー「oracle」が削除されます。
# userdel oracle
#

# cat /etc/passwd | grep oracle
#
しかしここで注意しなければならないのは、「userdel」コマンドでユーザーを削除すると、削除したユーザーのホームディレクトリはそのまま残ります。
# ls -la /export/home
total 12
drwxr-xr-x 5 root root 512 10月 18 09:41 .
drwxr-xr-x 3 root sys 512 10月 16 19:53 ..
drwx------ 2 root root 8192 10月 16 19:53 lost+found
drwxr-xr-x 2 100 oracle 512 10月 18 09:41 oracle
#
ですので、このディレクトリが不要な場合は、手動で削除する必要があります。ユーザーを削除すると同時にそのユーザーのホームディレクトリも削除したい場合は、以下のように「-r」オプションを付けて実行します。
# userdel -r oracle
#

# cat /etc/passwd | grep oracle
#

# ls -la /export/home
total 9
drwxr-xr-x 4 root root 512 10月 18 10:37 .
drwxr-xr-x 3 root sys 512 10月 16 19:53 ..
drwx------ 2 root root 8192 10月 16 19:53 lost+found
#

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/10/18(水) 12:07:28|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Solarisのバージョン確認 | ホーム | Solarisでのユーザー変更>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://northaraba.blog17.fc2.com/tb.php/90-68be8717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。