北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

PDCA

PDCA」は、目的を達成するための手順を示した物です。「P-D-C-A」、「PDC」と書かれることもあります。意味以下の通りです。

P:Plan(計画)
D:Do(実行)
C:Check(評価と対策立案)
A:Action(対策の実行)

まず最初に計画(スケジュール)を立てて、それから実行に取りかかります。そしてその後、計画が予定通り進捗したかを確認して、予定通り進んでいなければその原因を究明し、計画自体の変更(リスケジュール)も含めた対策を考えます。そして、その対策に則って、再度計画を実行します。

この一連の流れを「PDCAサークル」とか「PDCサークル」と呼んだりします。この「PDCAサークル」を回して計画を実行することにより、目的の達成により速く近づくことが来ます。普段からこの考え方を意識して行動すると、失敗が少なくなると思います。

<公爵の独り言>
ちょっと自戒を込めて書いてみました。ビジネスの基礎ですね。

テーマ:経営コンサルタント - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/06/17(土) 18:40:33|
  2. プロジェクトマネジメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Star Fire | ホーム | Linuxでのデーモン自動起動設定>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://northaraba.blog17.fc2.com/tb.php/61-76cae354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。