北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SPFILEからPFILEを作成する方法

SPFILE」から「PFILE」を作成する時には「create pfile」文を使います。以下に私の環境での実行例を示します(Oracle Database 10g Release 2 for Windows 32bit)。

まずは現在の「SPFILE」、「PFILE」の状態を確認します。
C:\temp>cd C:\oracle\product\10.2.0\db_1\database

C:\oracle\product\10.2.0\db_1\database>dir *.ora
ドライブ C のボリューム ラベルは IDE-1-1 です
ボリューム シリアル番号は ****-**** です

C:\oracle\product\10.2.0\db_1\database のディレクトリ

2009/04/29 15:53 1,536 PWDorcl.ora
2009/09/06 21:45 2,560 SPFILEORCL.ORA
2 個のファイル 4,096 バイト
0 個のディレクトリ 1,031,802,880 バイトの空き領域

C:\oracle\product\10.2.0\db_1\database>
上記のように、今はまだ「SPFILESPFILEORCL.ORA)」のみ存在し、「PFILE」は存在しません。では、次にOracleインスタンスを起動して、「show parameters spfile」コマンドで「SPFILE」が使用されているか確認します。
C:\oracle\product\10.2.0\db_1\database>sqlplus / as sysdba

SQL*Plus: Release 10.2.0.1.0 - Production on 日 9月 6 21:48:46 2009

Copyright (c) 1982, 2005, Oracle. All rights reserved.

アイドル・インスタンスに接続しました。

SQL> startup
ORACLEインスタンスが起動しました。

Total System Global Area 167772160 bytes
Fixed Size 1247900 bytes
Variable Size 71304548 bytes
Database Buffers 92274688 bytes
Redo Buffers 2945024 bytes
データベースがマウントされました。
データベースがオープンされました。
SQL> show parameters spfile

NAME TYPE
------------------------------------ ----------------------
VALUE
------------------------------
spfile string
C:\ORACLE\PRODUCT\10.2.0\DB_1\
DATABASE\SPFILEORCL.ORA
SQL>
上記の通り、現在は「SPFILE(SPFILEORCL.ORA)」が使用されております。では、「create pfile」文を使って「PFILE」を作成します。
SQL> create pfile from spfile;

ファイルが作成されました。

SQL>
以下のように、「PFILE」と「SPFILE」のファイル名を明示的に指定することも出来ます。
SQL> create pfile='C:\oracle\product\10.2.0\db_1\database\INITorcl.ORA' from spfile='C:\oracle\product\10.2.0\db_1\database\SPFILEORCL.ORA';

ファイルが作成されました。

SQL>
これで「SPFILE」から「PFILE」が作成されました。では、本当に「PFILE」作成されたか確認します。
SQL> exit
Oracle Database 10g Enterprise Edition Release 10.2.0.1.0 - Production
With the Partitioning, OLAP and Data Mining optionsとの接続が切断されました。

C:\oracle\product\10.2.0\db_1\database>dir *.ora
ドライブ C のボリューム ラベルは IDE-1-1 です
ボリューム シリアル番号は ****-**** です

C:\oracle\product\10.2.0\db_1\database のディレクトリ

2009/09/06 21:49 1,018 INITorcl.ORA
2009/04/29 15:53 1,536 PWDorcl.ora
2009/09/06 21:49 2,560 SPFILEORCL.ORA
3 個のファイル 5,114 バイト
0 個のディレクトリ 1,031,778,304 バイトの空き領域

C:\oracle\product\10.2.0\db_1\database>
確かに「PFILE(INITorcl.ORA)」が作成されました。では、「PFILE(INITorcl.ORA)」の内容を確認してみましょう。
C:\oracle\product\10.2.0\db_1\database>type INITorcl.ORA
orcl.__db_cache_size=92274688
orcl.__java_pool_size=4194304
orcl.__large_pool_size=4194304
orcl.__shared_pool_size=62914560
orcl.__streams_pool_size=0
*.audit_file_dest='C:\oracle\product\10.2.0/admin/orcl/adump'
*.background_dump_dest='C:\oracle\product\10.2.0/admin/orcl/bdump'
*.compatible='10.2.0.1.0'
*.control_files='C:\oracle\product\10.2.0/oradata/orcl/\control01.ctl','C:\oracle\product\10.2.0/oradata/orcl/\control02.ctl','C:\oracle\product\10.2.0/oradata/orcl/\control03.ctl'
*.core_dump_dest='C:\oracle\product\10.2.0/admin/orcl/cdump'
*.db_block_size=8192
*.db_domain=''
*.db_file_multiblock_read_count=16
*.db_name='orcl'
*.dispatchers='(PROTOCOL=TCP) (SERVICE=orclXDB)'
*.job_queue_processes=10
*.nls_language='JAPANESE'
*.nls_territory='JAPAN'
*.open_cursors=300
*.pga_aggregate_target=33554432
*.processes=30
*.remote_login_passwordfile='EXCLUSIVE'
*.sessions=38
*.sga_target=167772160
*.undo_management='AUTO'
*.undo_tablespace='UNDOTBS1'
*.user_dump_dest='C:\oracle\product\10.2.0/admin/orcl/udump'

C:\oracle\product\10.2.0\db_1\database>
なお、上記の「PFILE(INITorcl.ORA)」の先頭部分、
orcl.__db_cache_size=92274688
orcl.__java_pool_size=4194304
orcl.__large_pool_size=4194304
orcl.__shared_pool_size=62914560
orcl.__streams_pool_size=0
は、Oracle 10gから導入された「sga_target」パラメータを使ってSGAの自動チューニングを行っている時に表示されるものです。この値はOracleが自動的に割り当てる値なので、変更することは出来ません。ですから、「PFILE(INITorcl.ORA)」から「SPFILE(SPFILEORCL.ORA)」を作成する時にはこの部分は変更しても無視されますし、あらかじめ削除しておいても問題ありません。

テーマ:オラクルデータベース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/09/06(日) 22:25:20|
  2. ORACLE
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PFILEからSPFILEを作成する方法 | ホーム | SPFILEを使っているか確認する方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://northaraba.blog17.fc2.com/tb.php/522-d6785d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。