北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CUI

CUI」とは「Character User Interface」又は「Character-based User Interface」の略称で、ユーザーに対する情報の表示を文字によって行ない、全ての操作をキーボードからコマンド(命令文)を用いて行なうユーザーインターフェースのことです。ですので、「CUI」ではOSの操作からファイルの操作まで、全ての操作をキーボードからコマンドを入力して行います。また、「CUI」はGUIと違ってグラフィックな画面描画が必要ないので、使用するリソースが少なく、比較的古いハードでも動作するという利点があります。

CUI」はUNIX系OSでは一般的なユーザーインターフェースで、「X Window System」等のGUIを使っていても「端末」、「Terminal」、「ターミナル」として「CUI」を使います。また、Windows系OSでも「CUI」は「DOSプロンプト」、「DOS窓」、「コマンドプロンプト」として良く使われます。現在ではあまり見かけなくなった「MS-DOS」も基本は「CUI」です。その他、コンシューマー向けネットワーク機器の設定はGUIで設定出来ることが多いのですが、エンタープライズ向けのネットワーク機器の設定は基本的に「CUI」です。Oracleデータベースの操作も基本的に「CUI」です。

かつてはOSからアプリケーションソフトまでほぼ全てが「CUI」でしたが、現在ではGUIが多くなりました。しかし、上記のように「CUI」を使う機会はまだまだあります。特に、情報システムの仕事では「CUI」は避けては通れない道と言えるでしょう。

<公爵の独り言>
Windows系OSしか知らない世代の人たちはGUIになれているせいか、「CUI」を使ったことがない人が結構いますね。慣れると便利なので、是非使ってみて下さい。

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/04/29(水) 17:54:13|
  2. ソフトウェア開発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<CLI | ホーム | GUI>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://northaraba.blog17.fc2.com/tb.php/442-7529cd6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。