北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

会社で検索エンジンのキャッシュを活用

会社のパソコンからインターネットを利用すると、会社によってはプロキシサーバなどでWebサイトの閲覧制限フィルタリング)をしており、閲覧するサイトによっては
不適切なサイトを閲覧しようとしました!
管理者に閲覧日時、閲覧サイト、閲覧端末情報を通知しました!
業務上このサイトを閲覧する必要がある場合は管理者に連絡して下さい!
なんて表示されて閲覧できなかったりします。こんな表示が出てきたらちょっとびびりますよね(笑)。でもこんな時便利なのが検索エンジンの「キャッシュ」です。

検索エンジンの「キャッシュ」は、検索エンジンサイトに保存されているWebサイトのコピーのようなものです。会社のプロキシサーバによるWebサイトの閲覧制限はWebサイトの内容ではなく、WebサイトのURLでフィルタリングされていることが多いと思われます(あくまで想像です)。ですので、検索エンジンの「キャッシュ」の閲覧はあくまで「検索エンジンサイトの一部」を閲覧しているという扱いになり、プロキシサーバフィルタリングをすり抜けて閲覧することが出来るという訳です。

多くの会社では「2ちゃんねる掲示板」などは閲覧制限の対象になっていると思いますが、検索エンジンの「キャッシュ」ならば記事を閲覧することが出来たりします。是非お試し下さい・・・と言いたいところですが、検索エンジンの「キャッシュ」閲覧は自己責任でお願いします。フィルタリングに引っ掛かって呼び出しを食らっても私は一切関知しませんし、一切責任は取りません。悪しからずご了承下さい。

<公爵の独り言>
会社によって情報セキュリティーポリシーが違いますので、会社によってはダメかも知れませんし、既にキャッシュも対策済みかも知れません。誰か試して結果を報告して下さい(笑)。もちろん自己責任で。

テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/06/05(木) 19:47:19|
  2. NETWORK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国際電話会社接続番号一覧 | ホーム | コマンドプロンプトでファイル名のみの一覧取得>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://northaraba.blog17.fc2.com/tb.php/361-75a5c10f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。