北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コマンドプロンプトでファイル名のみの一覧取得

アプリケーションソフトのリリースノート等を作成する時に、アプリケーションソフトを構成するファイルの一覧を記載したりしますが、コマンドプロンプトを使うと簡単にファイルの一覧を取得できます。このような時に使うコマンドは「dirコマンドですが、ただ単純に「dirコマンドを使うと、作成日時や空白等、ファイル一覧に必要としない情報も一緒に出力されてしまいます。
C:\temp>dir
ドライブ C のボリューム ラベルは DISK-1-1 です
ボリューム シリアル番号は 7777-7777 です

C:\temp のディレクトリ

2008/06/02 06:26 <DIR> .
2008/06/02 06:26 <DIR> ..
2008/06/02 06:26 25 AAA.TXT
2008/06/01 19:16 219 kanto.txt
2008/06/01 19:16 219 test1.txt
2008/06/02 05:56 222 TEST2.BAK
2008/06/02 06:05 222 TEST2.TXT
5 個のファイル 907 バイト
2 個のディレクトリ 4,639,875,072 バイトの空き領域

C:\temp>
上記の場合はせいぜい数個のファイルしかありませんが、大量のファイルがある時に作成日時を消したり、空白を消したりと加工していくのはかなり面倒ですよね。ファイル名のみの一覧を取得したい時には、「dirコマンドに「/b」オプションを付けて実行します。
C:\temp>dir /b
AAA.TXT
kanto.txt
test1.txt
TEST2.BAK
TEST2.TXT

C:\temp>
作成日時や空白等が除かれた、ファイル名のみの一覧が出力されました。

テーマ:コマンドプロンプト - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/06/05(木) 18:42:11|
  2. コマンドプロンプト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<会社で検索エンジンのキャッシュを活用 | ホーム | Windowsでよく使うショートカットキー(追記)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://northaraba.blog17.fc2.com/tb.php/360-33eeccdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。