北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

コマンドプロンプトでの環境変数の表示と変更

Windowsコマンドプロンプトにおいて、設定されている環境変数を表示または変更する時には「setコマンドを使います。

まずは、現在設定されてる環境変数を表示してみますが、さすがに私のコンピュータの環境変数を全てお見せする訳にはいかないので、少し修正したり割愛しているところもありますのでご了承下さい。
C:\>set
ALLUSERSPROFILE=C:\Documents and Settings\All Users.WINNT
APPDATA=C:\Documents and Settings\Administrator.CLIENTPC-01\Application Data
CommonProgramFiles=C:\Program Files\Common Files
COMPUTERNAME=CLIENTPC-01
ComSpec=C:\WINNT\system32\cmd.exe
HOMEDRIVE=C:
HOMEPATH=\Documents and Settings\Administrator.CLIENTPC-01
LOGONSERVER=\\CLIENTPC-01
NUMBER_OF_PROCESSORS=1
OS=Windows_NT
Path=C:\oracle\product\10.2.0\db_1\bin;C:\WINNT\system32;C:\WINNT;C:\WINNT\System32\Wbem
PATHEXT=.COM;.EXE;.BAT;.CMD;.VBS;.VBE;.JS;.JSE;.WSF;.WSH
PROCESSOR_ARCHITECTURE=x86
PROCESSOR_IDENTIFIER=x86 Family 6 Model 8 Stepping 10, GenuineIntel
PROCESSOR_LEVEL=6
PROCESSOR_REVISION=080a
ProgramFiles=C:\Program Files
PROMPT=$P$G
SystemDrive=C:
SystemRoot=C:\WINNT
TEMP=C:\Temp
TMP=C:\Temp
USERDOMAIN=ARABA
USERNAME=Administrator
USERPROFILE=C:\Documents and Settings\Administrator.CLIENTPC-01
windir=C:\WINNT

C:\>
環境変数それぞれの説明についてはここでは割愛させて頂きます。このように設定されている環境変数を全て表示することも出来ますが、確認したい環境変数を指定することによって特定の環境変数のみを表示することも出来ます。以下にWindowsが格納されているディレクトリを示す環境変数「windir」の情報を表示した例を示します(最初の実行例の一番下に表示されている環境変数です)。
C:\>set windir
windir=C:\WINNT

C:\>
では、次に環境変数の変更を行います。環境変数を変更する時には、「setコマンドの後ろに変更する環境変数名を指定し、その環境変数に設定する値を「=(イコール)」でつないで指定します。以下に環境変数「windir」の値を「C:\WINNT」から「C:\TEMP」に変更した実行例を示します。
C:\>set windir
windir=C:\WINNT

C:\>set windir=C:\TEMP

C:\>set windir
windir=C:\TEMP

C:\>
なお、ここで変更した環境変数は、変更を行ったコマンドプロンプトが実行されている間だけ有効です。要するに「setコマンドによる環境変数の変更は一時的なものなのです。ですのでコマンドプロンプトを終了させると環境変数は元に戻ります。また、環境変数の変更を行ったコマンドプロンプトを実行したまま新しく別のコマンドプロンプトを起動した場合も、新しく起動したコマンドプロンプトには変更前の元の環境変数が設定された状態となります。

環境変数の恒久的な変更・設定は、「スタートボタン」→「設定」→「コントロールパネル」→「システム」→「詳細タブ」→「環境変数」にて行いましょう。

<公爵の独り言>
MS-DOSの時代は「config.sys」で起動時の環境変数を設定しましたね。懐かしい・・・。

テーマ:コマンドプロンプト - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/05/22(木) 22:22:36|
  2. コマンドプロンプト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コマンドプロンプトでのパス設定の確認と変更 | ホーム | コマンドプロンプトでホスト名を確認>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://northaraba.blog17.fc2.com/tb.php/310-39f06354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。