北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

LPIC

LPIC」とは「Linux Professional Institute Certification」の略称で、特定非営利活動法人/Linux技術者認定機関「LPI」の実施する「Linux技術者認定試験」のことを意味します。

LPIC」は以下のようにレベル分けされております。

LPICレベル1
LPICレベル1は、「ファーストレベルLinux専門家」を認定する資格試験です。
Linuxの基本的な操作とシステム管理を行ったり、Linuxディストリビューションを利用したりするために必要な知識を幅広く問います。
LPICレベル2
LPICレベル2は、「アドバンスドレベルLinux専門家」を認定する資格試験です。
Linuxによるシステム構築、ネットワーク構築が行ったりLinuxの応用的なシステム管理やサーバ構築ができるために必要な知識を幅広く問います。
LPICレベル3
LPICレベル3はLPIのCertification Programの頂点であり、最上位資格です。
LPICレベル3は第一線で活躍する市場価値の高いリナックスプロフェッショナルを認定するプログラムです。レベル3の認定は、かねてからの『最高技術レベルのLinux認定においてスキルを証明したい』という強い要望に応えて開発されました。
試験開発は全世界の何百人ものリナックス専門家や主要なIT企業からのボランタリーな協力の下で実施され、LPIのパートナー、業界リーダー、およびLPIの戦略的諮問委員会メンバーとの協議に基づいて創出されています。
詳しくは以下のサイトにてご確認下さい。

Linux技術者認定機関 LPI-Japan
http://www.lpi.or.jp/

<公爵の独り言>
ベンダー資格ってバージョンや年度で更新があったりするからあまり好きではないです・・・。現に私は全く資格を持っていません・・・。でもなんとかなってます。

テーマ:情報処理技術者試験 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/05/13(火) 20:19:05|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クラスタ切り替え時の注意点 | ホーム | Red Hatの認定資格>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://northaraba.blog17.fc2.com/tb.php/271-6951aa69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。