北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WindowsでのIPアドレス開放(破棄)

WindowsIPアドレスの設定には大きく分けて2つあり、PCに固有のIPアドレスを付与するものと、DHCPサーバからPCに対して動的にIPアドレスを付与するものがあります。DHCPサーバからIPアドレスを取得している場合に、何らかの理由でDHCPサーバから取得したIPアドレスを開放(破棄)したい場合は、「ipconfig」コマンドに「/release」オプションを付けて実行します。以下にコマンド実行例を示します(一部の設定情報は「*」でマスクしておりますことをご了承下さい)。

まずは「ipconfig」コマンドでIPアドレス解放前の状態を確認。
C:\>ipconfig

Windows 2000 IP Configuration

Ethernet adapter ローカル エリア接続:

Connection-specific DNS Suffix . :
IP Address. . . . . . . . . . . . : 192.168.0.***
Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
Default Gateway . . . . . . . . . : 192.168.0.***

C:\>
ipconfig /release」でIPアドレスを開放(破棄)。
C:\>ipconfig /release

Windows 2000 IP Configuration

IP address successfully released for adapter "ローカル エリア接続"

C:\>
本当にIPアドレスが開放(破棄)されたか、「ipconfig」コマンドを実行して確認してみます。
C:\>ipconfig

Windows 2000 IP Configuration

Ethernet adapter ローカル エリア接続:

Connection-specific DNS Suffix . :
IP Address. . . . . . . . . . . . : 0.0.0.0
Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 0.0.0.0
Default Gateway . . . . . . . . . :

C:\>
IPアドレスは上記のように開放(破棄)されました。

なお、IPアドレスを開放(破棄)すると、当然のことですがTCP/IPでの通信は切断されますので注意して下さい。IPアドレスを開放(破棄)したら、早めに再取得することをお勧めします。

テーマ:ネットワーク - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/02/17(日) 02:09:48|
  2. NETWORK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<WindowsでのIPアドレス再取得 | ホーム | WindowsでのTCP/IP設定確認>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://northaraba.blog17.fc2.com/tb.php/141-3550c72e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。