北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Cisco機器の設定情報

Cisco機器の設定情報(コンフィグ)は2種類有ります。

●機器起動時に読み込む設定情報(startup-config)
 NVRAM上に存在する設定情報で、機器起動時に読み込まれます。
 以下のコマンドで内容を確認できます。

 ROUTER# show startup-config

●現在実行中の設定情報(running-config)
 RAM上に存在する設定情報で、現在動作中の設定情報です。
 以下のコマンドで内容を確認できます。
 
 ROUTER# show running-config

 以下のように省略することも可能です。

 ROUTER# show run
 ROUTER# show conf

 機器を起動した直後は、startup-config と同じ内容です。
 この情報は機器を停止したり再起動させると消滅します。
 また、設定変更はこの running-config に対して行われるので、以下の
 コマンドで startup-config に保存しないと、次回機器を再起動させた時
 に設定変更が無効となります。

 ROUTER# copy running-config startup-config

テーマ:ネットワーク管理 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2005/08/20(土) 13:27:29|
  2. NETWORK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ユーザーの切り替え | ホーム | Cisco機器でのログリアルタイム出力>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://northaraba.blog17.fc2.com/tb.php/13-ea245ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。