北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GBIC

GBIC(GigaBit ethernet Interface Connector)」とは、Gigabit Ethernet対応のネットワークカードやハブに接続するモジュールのことです。Gigabit Ethernet対応機器は通常「GBIC」を接続するためのインターフェイスのみを持ち、「GBIC」を介して他の機器と接続するケーブルを接続します。要は、ルーターやスイッチのインターフェースに「GBIC」を挿して、ケーブルは「GBIC」に挿します。

<接続イメージ>
[機器のインターフェース][GBIC]-----[ケーブル]

GBIC」はGigabit Ethernetの規格毎に使用する種類が決まっており、それに接続できるケーブルの種類も決まっているので注意が必要です。

1000BASE-T
 GBIC:GBIC-T
 ケーブル:UTPケーブル

1000BASE-SX
 GBIC:GBIC-SX
 ケーブル:マルチモード光ファイバー

1000BASE-LX
 GBIC:GBIC-LX
 ケーブル:マルチモード光ファイバー、シングルモード光ファイバー

1000BASE-LH
 GBIC:GBIC-LH
 ケーブル:シングルモード光ファイバー

なお、「GBIC」はホットスワップが可能で、インターフェースカードや機器の電源が入ったまま「GBIC」の交換が可能です。

テーマ:ネットワーク - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/02/12(火) 20:37:11|
  2. NETWORK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<GbE | ホーム | Gigabit Ethernetの伝送距離>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://northaraba.blog17.fc2.com/tb.php/114-b85d29b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。