北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SolarisでのCPU使用率確認

SolarisCPU使用率を確認する場合は、「mpstat」コマンドを使用します。このコマンドを実行した場合、搭載している全CPUそれぞれのCPU使用率を表示します。
# mpstat
CPU minf mjf xcal intr ithr csw icsw migr smtx srw syscl usr sys wt idl
0 166 5 0 387 288 564 102 0 0 0 1693 3 4 0 93
#
上記の例の場合、搭載しているCPUは1基のみです。ここで注目するのは一番右側の「idl」欄です。これは「idle(アイドル)」状態、つまりCPUの未使用率を示しています。ですから100からこの「idl」値を引いた数値がCPU使用率となります。なお、以下のようにコマンドの実行間隔を指定することができます。
# mpstat 3
CPU minf mjf xcal intr ithr csw icsw migr smtx srw syscl usr sys wt idl
0 165 5 0 387 288 562 101 0 0 0 1685 3 4 0 93
0 3 0 0 356 256 215 3 0 0 0 207 0 1 0 99
0 0 0 0 355 255 205 2 0 0 0 134 0 0 0 100
0 4 0 0 350 250 206 4 0 0 0 176 0 1 0 99
0 0 0 0 354 254 207 4 0 0 0 162 0 0 0 99
^C#
上記の例の場合、3秒毎にCPU使用率を表示します(CTRL-Cで停止させるまで表示し続けます)。また、「vmstat」コマンド、「iostat」コマンドでも同じ要領でCPU使用率を確認することが出来ますが、この場合は複数のCPUが搭載されていてCPU毎の使用率は表示されず、搭載している全CPUの使用率の平均値が表示されます。以下のその実行例を示します(この例の場合、CPUが1基だけなのでmpstatとの違いが分かりにくい状態ですが・・・)。
# vmstat 3
kthr memory page disk faults cpu
r b w swap free re mf pi po fr de sr cd f0 s0 -- in sy cs us sy id
0 0 0 612972 23216 25 132 46 3 7 0 46 6 0 0 0 380 1373 489 3 3 95
0 0 0 619592 24080 0 14 0 0 0 0 0 0 0 0 0 352 179 203 0 1 99
0 0 0 619592 24076 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 354 186 203 0 1 99
0 0 0 619592 24076 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 352 155 198 0 1 99
0 0 0 619592 24076 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 353 162 205 0 1 99
^C#
# iostat 3
tty cmdk0 sd0 nfs1 cpu
tin tout kps tps serv kps tps serv kps tps serv us sy wt id
0 557 52 6 21 0 0 0 0 0 0 3 3 0 95
0 281 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 99
0 88 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 99
0 137 2 4 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 99
0 173 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 99
^C#
この場合も注目する場所は一番右側の「id」欄です。意味は「mpstat」コマンドの場合の同じく「idle(アイドル)」です。100からこの数値を引いた数がCPU使用率となります。
スポンサーサイト

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/12/01(金) 16:06:57|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SolarisでのCPU稼動情報の確認

Solarisで、サーバに搭載しているCPUの稼動情報を確認する時には「psrinfo」コマンドを使用します。このコマンドを実行すると、搭載している全CPUと、その状態(on-line/off-line)、稼働時間(いつから稼動しているか)が確認出来ます。
# psrinfo
0 on-line since 12/01/2006 14:57:14
#
上記の例の場合、搭載しているCPUは1基、on-line状態(使用中)、2006/12/01 14:57:14から稼動していると言うことが分かります。

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/12/01(金) 15:55:33|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LinuxやFreeBSDでのパケットキャプチャー

LinuxFreeBSDでパケットをキャプチャーして、どのポートがどのような通信を行っているか確認したい場合は「tcpdump」コマンドを使用します。rootユーザー(スーパーユーザー)でのみ実行可能です。ただ単に「tcpdump」と入力するだけでも実行できます。主なオプションは以下の通りです。

-i
キャプチャーするインタフェース名を指定します。
例:# tcpdump -i eth0

-a
ネットワークとブロードキャストアドレスをDNS名に変換します。
例:# tcpdump -a

-n
アドレスを名前に解決しない。
キャプチャー結果はホスト名ではなくIPアドレスで表示されます。
名前解決をしない分、高速な処理が出来ます。
例:# tcpdump -n

-l
標準出力をバッファリングします。
データを蓄積しながら監視する場合に使用します。
例:# tcpdump -l

-v
少し詳細な情報を出力します。
例:# tcpdump -v

-vv
「-v」オプションより詳細な情報を出力します。
例:# tcpdump -vv

-vvv
「-vv」オプションより詳細な情報を出力します。
例:# tcpdump -vvv

オプションを組み合わせて使うことも可能です。

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/12/01(金) 14:19:59|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Solarisでのパケットキャプチャー

Solarisでパケットをキャプチャーして、どのポートがどのような通信を行っているか確認したい場合は「snoop」コマンドを使用します。rootユーザー(スーパーユーザー)でのみ実行可能です。ただ単に「snoop」と入力するだけでも実行できます。主なオプションは以下の通りです。

-d
キャプチャーするインタフェース名を指定します。
例:# snoop -d hme0

port
キャプチャーするポートの番号を指定します。
例:# snoop port 80

-o
キャプチャーしたパケットの内容をファイルへ出力します。
例:# snoop -o /temp/aaa.log

-i
以前にファイルへ出力した内容を画面へ表示します。
例:# snoop -i /temp/aaa.log

-q
キャプチャー結果を画面に表示しないようにします。
キャプチャー結果をファイルにのみ出力したい場合に指定します。
例:# snoop -q -o /temp/aaa.log

オプションを組み合わせて使うことも可能です。

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/12/01(金) 12:50:32|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Solarisのバージョン確認

SolarisにログインするとOSバージョンのバナーが表示されます。
login: root
Password:
Last login: Fri Dec 1 09:50:20 on console
Sun Microsystems Inc. SunOS 5.10 Generic January 2005
#
しかしバナーに表示されるのはご覧の通り「SunOS」のバージョンです。「Solaris」のバージョンを確認したい場合は、以下のように/etc/releaseファイルを確認します。
# cat /etc/release
Solaris 10 6/06 s10x_u2wos_09a X86
Copyright 2006 Sun Microsystems, Inc. All Rights Reserved.
Use is subject to license terms.
Assembled 09 June 2006
#
このように、かなり詳細な情報を確認出来ます。また、以下の方法でも確認できます。
# cat /var/sadm/system/admin/INST_RELEASE
OS=Solaris
VERSION=10
REV=0
#

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/12/01(金) 11:40:51|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。