北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ターミナル入出力をファイルに保存

UNIX系OS(SolarisFreeBSDLinux等)において、ターミナル入出力(コマンドの入力やその結果出力)をログファイルに記録したい場合は、scriptコマンドを使用します。以下の例ですと、test.logというテキストファイルにターミナル入出力を記録します。
$ script test.log
スクリプトを開始しました、ファイルは test.log です。
$
これ以降のコマンド入力や結果出力は、全てテキストファイルtest.logに記録されます。また、ログファイルへの記録を中止したい場合には、以下のようにします。
$ exit
スクリプトを終了しました、ファイルは test.log です。
$
作業などでコマンドの入力及び出力結果を記録しておきたい時に便利なコマンドです(ターミナルソフトのログ出力機能を使っても良いかもしれません)。なお、同じログファイル名を指定すると、追加ではなく上書きされるので注意が必要です。

スポンサーサイト

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/05/20(土) 11:12:01|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネットワークサービスの起動・停止・再起動

RedHat Linuxにおいて、ネットワークサービスをコマンドラインで起動・停止・再起動リスタートさせる手順は以下の通りです。

まず、スーパーユーザー(root)になります。
$ su -
Password: ********
#
ネットワークサービスを起動させる場合は、以下のコマンドを実行します。実行すると、IPアドレスが設定されているインターフェースがUpします。
# /etc/init.d/network start
逆に、ネットワークサービスを停止させる場合は、以下のコマンドを実行します。実行すると、全インターフェースがDownします。
# /etc/init.d/network stop
また、インターフェースの設定を変更した後、ネットワークサービスを再起動させる場合は、以下のコマンドを実行します。IPアドレスが設定されている全インターフェースがDown/Upします。
# /etc/init.d/network restart

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/05/16(火) 14:27:05|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LinuxでのGUI画面起動

Red Hat Linuxにおいて、OSを起動した後、ログインしてもCUI画面のままである場合、以下のコマンドでGUI画面を起動することが出来ます。
HOST$ startx
なお、このコマンドによるGUI画面の起動は、Red Hat Enterprise Linux ASで、サーバ本体にコンソール機器(ディスプレイ、キーボード、マウス)が接続されている状態で確認しておりますが、それ以外の環境(X端末等)での動作確認はしておりません。悪しからずご了承下さい。

<公爵の独り言>
臼魔道士先生、X端末でも大丈夫ですよね?

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/05/16(火) 13:49:25|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユーザーの削除

RedHat Linuxにおいて、ユーザーコマンドラインで削除する手順は以下の通りです。

まず、スーパーユーザー(root)になります。
$ su -
Password: ********
#
そして、ユーザーを削除するコマンドを実行します。以下はユーザー「duke」を削除する例です。
# userdel -r duke
#
これでユーザーの削除は完了です。なお、上記コマンド-r オプションは削除対象ユーザーのホームディレクトリも同時に削除するオプションで、オプションを付けない場合は削除対象ユーザーのホームディレクトリを手動で削除することになります。あえてホームディレクトリを残しておきたい時には-r オプションを付けなければOKです。

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/05/07(日) 13:15:24|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パスワードの変更

RedHat Linuxにおいて、ユーザーのパスワードコマンドラインで変更する手順は以下の通りです。

まず、スーパーユーザー(root)になります。
$ su -
Password: ********
#
そして、ユーザーのパスワードを変更するコマンドを実行します。以下はユーザー「duke」のパスワードを変更する例です。
# passwd duke ←ユーザーdukeのパスワードを変更
Changing password for user duke.
New password: ******** ←新しいパスワードを入力
BAD PASSWORD: it is based on a dictionary word
Retype new password: ******** ←新しいパスワードを再度入力
passwd: all authentication tokens updated successfully. ←パスワード変更成功
#
これでユーザーのパスワードの変更は完了です。なお、passwdコマンドを特にユーザー名を指定しないで実行する場合は、カレントユーザー(現在のユーザー)のパスワードが変更されます。また、新たにユーザーを追加したら、すぐにこのコマンドを実行して、パスワードを変更(設定)する必要があります。

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/05/07(日) 13:09:17|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ユーザーの追加

RedHat Linuxにおいて、ユーザーをコマンドラインで追加する手順は以下の通りです。

まず、スーパーユーザー(root)になります。
$ su -
Password: ********
#
そして、ユーザーを追加するコマンドを実行します。以下はユーザー「duke」を追加する例です。
# useradd duke
#
これでユーザーの追加は完了です。あと、ユーザーの所属するグループやホームディレクトリ、シェル等については、スーパーユーザー(root)になった上で/etc/passwdファイルを直接編集して設定して下さい。

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/05/07(日) 13:06:01|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホスト名の設定方法

RedHat Linuxにおいて、ホスト名をコマンドラインで設定する手順は以下の通りです。

まず、スーパーユーザー(root)になります。
$ su -
Password: ********
#
それから、以下のコマンドを実行します。
# hostname *******(←ホスト名
#
あと、以下の設定ファイルも確認して、変更しましょう。
# vi /etc/hosts
***.***.***.*** *******.***.***.*** *******
#
上記において、「***.***.***.***」はIPアドレス、「*******.***.***.***」はホスト名+ドメイン名、「*******」はホスト名を表しています。次に、以下の設定ファイルも確認して、変更しましょう。
# vi /etc/sysconfig/network
HOSTNAME=******* ←ホスト名を設定する。
NETWORKING=yes
DOMAINNAME=***.***.*** ←ドメイン名を設定する。
#
各インターフェースにもホスト名の設定ができるので、これも設定しておきましょう。
# cd /etc/sysconfig/network-scripts/
# ls -la
ifcfg-eth0
ifcfg-eth1
ifcfg-eth2
ifcfg-eth3
ifcfg-eth4
ifcfg-lo
  ・
  ・
  ・
上記のようにディレクトリ内には各インターフェースの設定ファイルがあるので、Ethernet0のホスト名を設定したい場合には、ifcfg-eth0を以下のように編集します。
# vi ./ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
HWADDR=**:**:**:**:**:** ←これはMACアドレスなので変更しない!
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
IPADDR=***.***.***.***
NETMASK=***.***.***.***
GATEWAY=***.***.***.***
HOST NAME=******* ←ホスト名を設定する。
DOMAIN=***.***.***
DNS=***.***.***.***
USERCTL=no
PEERDNS=no
#
設定したら、インターフェースをDown/Upさせます。
# ifconfig eth0 down
#

# ifconfig eth0 up
#
これで設定完了です。

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/05/07(日) 12:36:38|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IPアドレスの設定方法

RedHat Linuxにおいて、インターフェースのIPアドレスをコマンドラインで設定する手順は以下の通りです。

まず、スーパーユーザー(root)になります。
$ su -
Password: ********
#
それから、カレントディレクトリを以下のディレクトリにします。
# cd /etc/sysconfig/network-scripts/
# ls -la
ifcfg-eth0
ifcfg-eth1
ifcfg-eth2
ifcfg-eth3
ifcfg-eth4
ifcfg-lo
  ・
  ・
  ・
上記のようにディレクトリ内には各インターフェースの設定ファイルがあるので、Ethernet0IPアドレスを設定したい場合には、ifcfg-eth0を以下のように編集します。
# vi ./ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
HWADDR=**:**:**:**:**:** ←これはMACアドレスなので変更しない!
ONBOOT=yes
TYPE=Ethernet
IPADDR=***.***.***.*** ←IPアドレスを設定する。
NETMASK=***.***.***.*** ←ネットマスクを設定する。
GATEWAY=***.***.***.*** ←GatewayのIPアドレスを設定する。
HOST NAME=******* ←ホスト名を設定する。
DOMAIN=***.***.*** ←ドメイン名を設定する。
DNS=***.***.***.*** ←DNSサーバのIPアドレスを設定する。
USERCTL=no
PEERDNS=no
#
設定したら、インターフェースをDown/Upさせます。
# ifconfig eth0 down
#

# ifconfig eth0 up
#
これで設定完了です。

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/05/07(日) 12:29:58|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GoogleとURL

WebサイトやBlogを作った後、Googleの検索にヒットするようになればアクセスが増えます。我がサウスアイランド連合公国配下には様々なドメイン/URLのWebサイト/Blogがありますが、Googleにクロールされやすい(Googleの検索にヒットしやすい)URLと、そうでないURLがあるようです。

例えば、以下の2つのWebサイト。両方とも同じに日にサイトの名称を「サウスアイランド連合公国」と変更しましたが、Googleで「サウスアイランド連合公国」を検索すると、下段の「サウスアイランド連合公国(予備)」の方がヒットします。上段の「サウスアイランド連合公国(本国)」は、5/7現在、Google検索では未だに旧サイト名「サウスアイランド公国」で表示されます。

サウスアイランド連合公国(本国)
The United Duchy of Southisland
http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/

サウスアイランド連合公国(予備)
The United Duchy of Southisland
http://duchy.web.fc2.com/

また、以下の2つのBlogも同じ日にサイトの名称を変更しましたが、Googleで「サウスアイランド連合公国」を検索すると、下段の「サウスアイランド連合公国西ブログブルク城」の方がヒットします。上段の「サウスアイランド連合公国東ブログブルク城」は、5/7現在、Google検索では未だに旧Blog名「東ブログブルク公国」で表示されます。

サウスアイランド連合公国東ブログブルク城
The East Blogburg Castle in The United Duchy of Southisland
http://blogs.dion.ne.jp/duke/

サウスアイランド連合公国西ブログブルク城
The West Blogburg Castle in The United Duchy of Southisland
http://westblogburg.blog37.fc2.com/

なお、以下のBlogも上記のBlogと同じ日にBlog名を変更しましたが、Google検索では全て新しいBlog名で表示されます。

サウスアイランド連合公国マングローブ城
The Mangrove Castle in The United Duchy of Southisland
http://mangrove.blog8.fc2.com/

サウスアイランド連合公国アラバ城
The Araba Castle in The United Duchy of Southisland
http://margrave.seesaa.net/

サウスアイランド連合公国ネイヴァルランド城
The Navalland Castle in The United Duchy of Southisland
http://navalland.seesaa.net/

この違いを検証すると、以下のことが言えると思います。

http://***.***.***/という形式のURLはGoogleにクロールされやすいが、
 http://***.***.***/***/という形式のURLはGoogleにクロールされにくい。

・DIONのWebサイト、Blogはhttp://***.***.***/***/という形式のURLなので、
 Googleにクロールされにくい。

ですので、新しいWebサイトやBlogを立ち上げる時には、http://***.***.***/という形式のURLを提供してくれるプロバイダー/Blogサービス提供会社を選んだ方がGoogle検索にヒットしやすく、アクセス数も多くなると考えられます。

テーマ:SEO対策・アクセスアップ - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/05/07(日) 03:38:11|
  2. SEO対策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。