北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日付・時刻の確認と変更

UNIX系OSにて現在の日付時刻を確認したい場合は、dateコマンドを使用します。
HOST$ date
Sun Feb 5 11:15:00 JST 2006
また、日付時刻を変更したい場合は、スーパーユーザーになってから以下のコマンドを実行します(以下の例では日付時刻を2006年2月5日11時15分00秒に設定)。
HOST# date --set="2006/02/05 11:15:00"
Red Hat LinuxFreeBSDではこれでOKですが、Solarisの場合は以下の手順で変更します。

1.日付を変更する場合(以下の例では日付を2006年2月5日に設定)
HOST# date -s 02/05/06
2.時刻を変更する場合(以下の例では日付を11時15分00秒に設定)
HOST# date -s 11:15:00
スポンサーサイト

テーマ:UNIX/Linux - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/02/05(日) 11:28:19|
  2. UNIX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。