北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3S、4S、5S

3S」、「4S」、「5S」とは、製造業やサービス業などの職場環境維持改善で用いられるスローガンです。各職場において徹底されるべき事項をまとめたもので、職場、現場によってその内容には若干の違いがありますが、およそ以下のような内容です。

3S
整理(せいり、Seiri)
整頓(せいとん、Seiton)
清掃(せいそう、Seisou)

4S
整理(せいり、Seiri)
整頓(せいとん、Seiton)
清掃(せいそう、Seisou)
清潔(せいけつ、Seiketsu)

5S
整理(せいり、Seiri)
整頓(せいとん、Seiton)
清掃(せいそう、Seisou)
清潔(せいけつ、Seiketsu)
(しつけ、Shituske)

3S」、「4S」、「5S」の徹底は、事故の防止と安全に繋がります。「3S」、「4S」、「5S」を徹底して快適な職場環境を維持し、より効率的な作業が出来るようにして、仕事の品質を向上させて行きましょう。

<公爵の独り言>
かつて食品関連の仕事をした時、工場内に「5S」が掲示されていました。

スポンサーサイト

テーマ:組織の人材育成 - ジャンル:ビジネス

  1. 2009/05/31(日) 16:56:12|
  2. プロジェクトマネジメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2:4:2:3の法則

2:4:2:3の法則」とは、情報システム開発費用に良く見られる法則です。簡単に説明すると、当初の予算に対して仕様追加が発生して開発費用が2倍に膨れ上がる。ところが開発費用は相変わらず当初のまま。そこで、仕方がないので、追加予算を申請し最終的に当初予算の1.5倍で手を打つことになるというものです。一例を示すと、以下のような感じです。

1.A社がB社に2,000万円情報システムを発注。
2.しかし仕様の変更/追加が発生して開発費用4,000万円に!
3.B社はA社に追加費用を要求するも2,000万円しか払えないと拒否。
4.しかし結局2,000万円と4,000万円の間を採って3,000万円で妥協。

このようなことにならないように、要件定義をしっかりやり、仕様の変更/追加については別料金になることを理解して貰った上で文書で提示して貰うようにしましょう。

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/12/07(日) 15:47:59|
  2. プロジェクトマネジメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホウレンソウ

ホウレンソウ」とは「報告」、「連絡」、「相談」の略語です。「ホウレンソウ」は仕事の基本ですので、ちゃんとするようにしましょう。大抵の仕事は「ホウレンソウ」と「PDCA」がちゃんと出来れば大過なく進めることが出来ると思います。

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/12/07(日) 15:44:13|
  2. プロジェクトマネジメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舞台初日

どうでもいい話ですが、前回のITプロジェクトが9月末で終了し、10月中旬から新しいITプロジェクトに配属されました。さて、その新しいITプロジェクト初日のことです。帰りに浅草にある行き付けの居酒屋に寄り、店のママに、

今日は初日だったんですよ。やっぱり初日は緊張しますね。

などと言いながら飲んでいたところ、隣で飲んでいた客に

もしかして舞台に出ておられるのですか?

と聞かれました(笑)。いや、確かに歌舞伎向きのでかい顔をしておりますが、私、役者じゃないんで・・・。初日と言っても舞台じゃありません・・・。ご期待に沿えず申し訳ないです。とりあえずその人には、自分はITエンジニアで今日は新しいプロジェクトに配属された初日である旨説明しておきましたが、なんか妙に照れ臭かったです。

でも、確かに、ITプロジェクトは我々ITエンジニアにとっては舞台と言えるかもしれません。そして我々ITエンジニアは舞台で演じる役者と言えるかもしれません。舞台が成功するか否かは役者の力量に掛かっています(もちろん裏方のサポートも大切ですが)。いつ、どんな役が回ってきても演じられるように、稽古しておくことが大切だと思います。また、時代劇専門の役者や悪役専門の役者がいるように、プログラミング言語、データベースネットワークサーバインフラ等、専門の分野に特化して稽古をするのも良いと思います。また、舞台全体の構成と演出を考える監督、演出家、脚本家のように、プロジェクトマネージャ、プロジェクトリーダーを目指すのも良いかもしれません。

なんだか訳の分からない話になってきましたが、役割に上下はありません。どの役割でも最高の演出が出来るように、プロとして日々その技術に磨きをかけていきたいものです。

<公爵の独り言>
うーん、なんかいまいちの文章だな。

テーマ:どーでもいいこと - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/11/05(水) 09:55:41|
  2. プロジェクトマネジメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IT業界の7Kとは?

かつて大学新卒者には「3K」と呼ばれる職業は敬遠されました。「3K」と以下のことを指します。
1.危険
2.汚い
3.きつい
ところが、IT業界は「3K」どころか「7K」の業界と言われ、大学新卒者から敬遠されているそうです。IT業界の「7K」とは以下のことを指すそうです。
1.きつい
2.帰れない
3.給料が安い
4.規則が厳しい
5.休暇が取れない
6.化粧がのらない
7.結婚できない
なんだかいろいろ心当たりがありますね(笑)。でもこのままじゃまずいですね。若い世代が入らないことも問題ですが、既存の技術者も他の業界へ転職するか、より条件の良い他社へ転職するでしょうね。若い世代を取り込み、かつ既存の技術者を自社に定着させるためには、それなりの待遇を保証しないとダメですね。それが出来ない会社はとっとと潰れてしまった方が世のため人のためだと思います。

テーマ:システム開発 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/08/03(日) 20:50:02|
  2. プロジェクトマネジメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファイルはこまめに保存!

アプリケーションソフトで作成中のファイルは、いつコンピュータやアプリケーションソフトがハングアップ/フリーズしても大丈夫なように、こまめにディスクに保存しましょう!

ちょっとした心がけで事故は防げますし、被害を最小限に留めることが出来ます。安全に注意したオペレーションを心がけたいものです。

<公爵の独り言>
かつてドキュメントをExcelで作成中、同僚がコンピュータの電源ケーブルに足を引っ掛けました。覆水盆に返らず・・・。その日の仕事が全てやり直しになりました・・・。

テーマ:パソコン豆知識 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/05/09(金) 01:02:49|
  2. プロジェクトマネジメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電話の切り方

お客様から受けた電話を切る時は、お客様が電話を切ったのを確認してから受話器を置きましょう。また、こちらから掛けた電話を切る時は、静かにフックを押して電話を切り、それから受話器を置きましょう。

<公爵の独り言>
まぁ、社会人の基本ですけどね。
今の時期は新入社員も多いと思いますので・・・。
頑張れ! 新社会人!

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/04/04(金) 13:01:55|
  2. プロジェクトマネジメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CS

CS」とは「顧客満足度(Customer Satisfaction)」のことです。
顧客満足度」の高いサービス、製品の提供を心掛けたいものです。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

  1. 2008/02/13(水) 21:08:30|
  2. プロジェクトマネジメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PDCA

PDCA」は、目的を達成するための手順を示した物です。「P-D-C-A」、「PDC」と書かれることもあります。意味以下の通りです。

P:Plan(計画)
D:Do(実行)
C:Check(評価と対策立案)
A:Action(対策の実行)

まず最初に計画(スケジュール)を立てて、それから実行に取りかかります。そしてその後、計画が予定通り進捗したかを確認して、予定通り進んでいなければその原因を究明し、計画自体の変更(リスケジュール)も含めた対策を考えます。そして、その対策に則って、再度計画を実行します。

この一連の流れを「PDCAサークル」とか「PDCサークル」と呼んだりします。この「PDCAサークル」を回して計画を実行することにより、目的の達成により速く近づくことが来ます。普段からこの考え方を意識して行動すると、失敗が少なくなると思います。

<公爵の独り言>
ちょっと自戒を込めて書いてみました。ビジネスの基礎ですね。

テーマ:経営コンサルタント - ジャンル:ビジネス

  1. 2006/06/17(土) 18:40:33|
  2. プロジェクトマネジメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目的と手段

ちょっとこのブログの本題から外れますが、私が最近思うことを少し書きたいと思います。ここ数年、世の中でIT技術がもてはやされております。私自身、IT業界に身を置き、このブログでも、UNIX、RDBMS、NETWORK等、IT技術に関する拙いメモを色々と書いておりますが、これらIT技術は全て

目的を達成するための手段

に過ぎません。どんなに凄い技術であっても、顧客の要望に応え、目的を達成し、問題を解決出来なければ意味はありません。技術者は技術者故に技術に傾倒しがちですが、

目的と手段
問題解決
競争力向上
・顧客満足度
・P-D-C-A


を常に意識しながら対応する必要があると思います。IT技術は日々進歩します。手段であるIT技術に振り回され、本来の目的を見失わないようにしたいものです。

<公爵の独り言>
ちょっと自戒を込めて書いてみました。

テーマ:コンピュータ関連 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2006/03/10(金) 17:20:22|
  2. プロジェクトマネジメント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。