北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NECが希望退職の募集を発表

NEC希望退職を募集すると発表しました。
大手と言えど安泰とは言えない時代ですね。

NHKニュース 5月16日 11時7分
NEC 希望退職の募集を発表
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120516/k10015151281000.html
業績の悪化からグループ全体で1万人規模の人員削減を行う予定の大手電機メーカーNECは、本社とグループ会社の従業員を対象に希望退職を募ることを正式に発表しました。

NECは携帯電話事業の不振や歴史的な円高などの影響で、ことし3月期の決算で1100億円を超える大幅な最終赤字に陥り、グループ全体で1万人規模の人員削減を行うことを明らかにしています。
これに伴って、本社とグループ会社の合わせておよそ30社で希望退職を募ることを、16日、正式に発表しました。
対象は勤続年数5年以上の40歳以上の従業員で、事務系や携帯電話事業など一部の部門に在籍している人です。
ことし7月中旬から募集を始め、9月末で退職することになっており、最大34か月分の給料を退職金に上積みするとしています。
ただ、募集の人数にはついては「定めない」と説明しています。
大手電機メーカーでは、主力のテレビ事業の不振などで、昨年度、過去最大の4500億円余りの最終赤字に陥った「ソニー」も、今年度中にグループ全体でおよそ1万人規模の人員削減に踏み切ることを明らかにしています。
私の知り合いもNECにいます。まだ若いし部門が違うので大丈夫だと思うのですが、これからの処遇などがどうなるか少し心配です。

NEC日本電気
http://www.nec.co.jp/

スポンサーサイト

テーマ:最近気になったニュース - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/05/16(水) 22:42:54|
  2. 会社・組織
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BSA「違法コピー番付」で日本は損害額10位!

ソフトウェア違法コピーについて興味深い記事がありました。

RBB TODAY 2012年5月15日(火) 15時42分
BSA「違法コピー番付」、日本は損害額10位に……
PC利用者の39%が違法コピー経験有り

http://www.rbbtoday.com/article/2012/05/15/89322.html
 ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は15日、世界のソフトウェア違法コピーによる損害状況をまとめた「BSA世界ソフトウェア違法コピー調査2011」(違法コピー番付)を発表した。今年で9回目の調査となる。

 今回の違法コピー番付において、「違法コピー率部門」で、日本は昨年から順位を2つ下げたが、世界ベスト第3位の21%となっている。1位は米国の19%、2位はルクセンブルクの20%。ワーストはジンバブエの92%だった。日本の経済的損失は18.75億USドル(約1,500億円)で、損害額換算部門で日本は1,875%となり、ワースト10位となった。

 また、違法コピーに関する調査では、利用者の3人に1人は「ときどき」あるいは「まれに」違法コピーをすると回答するなど、日本のコンピュータ利用者のうち違法コピーソフトを取得した利用者が39%であったことが判明している。さらに、違法コピーを行っている人のうち14%が「いつも」「ほぼいつも」あるいは「ときどき」ソフトウェアを不正に入手していると回答し「まれに」行っていると回答したのは25%だった。性別では男性が52%を占め世代別では18歳から44歳が全体の69%を占めた。

 BSA日本担当共同事務局長の竹下千恵は、「もし消費者の39%がソフトウェアを万引きすると予告すれば、実行されるか否かに関係なく当局は警察によるパトロールや罰則の強化によって対応するでしょう。ソフトウェアの違法コピーについても、これと同様の対応が求められているのです。組織的な教育や法律の厳格な適用が必要です」とのコメントを寄せている。
ソフトウェアの違法コピーは、ソフトウェア会社が本来得られる利益を侵害し、優良なソフトウェア開発を阻害します。利益が得られないのに誰がどうしてソフトウェアを開発するのでしょうか? 皆さんも、働いたのにお金を貰えなければ嫌になるでしょう。ちょっと考えれば分かることです。ですから、軽い気持ちでソフトウェアを違法コピーして使うことは止めて頂きたいと思います。そして、ソフトウェアの違法コピーを見付けたら、以下のWebサイトで通報しましょう!

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)
不正コピー情報ポスト
http://www2.accsjp.or.jp/piracy/

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)
情報提供について
http://www.bsa.or.jp/enforcement/provide.html

テーマ:ソフトウェア - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/05/15(火) 16:33:26|
  2. 会社・組織
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IIJ子会社がパチンコ店への銀行ATM設置を推進

IIJインターネットイニシアティブ)の子会社であるトラストネットワークスが今後4~5年で約8000台の銀行ATM現金自動預払機)を「パチンコホール」に導入する計画とのことです。

livedoor ニュース -しんぶん赤旗- 2009年11月14日09時36分
パチンコ店 ATM8000台/IIJ社 今後4、5年で全国に
http://news.livedoor.com/article/detail/4450556/
 各地でパチンコホール内に銀行ATM(現金自動預払機)が設置されている問題で、今後4~5年間で約8000台のパチンコホール内ATMを導入する計画があることが、本紙の調べでわかりました。

 この事業を展開しているトラストネットワークス社の親会社、東証1部上場の「インターネットイニシアティブ」社(IIJ、鈴木幸一社長)が投資家向けに説明しています。

 IIJが同社ホームページで公開している「投資家の皆さまへ」という文書は、トラスト社が2年前から始めたパチンコホール内ATMの試行運営が「順調に推移」したとしたうえ、「今後4~5年間程度で約8000台のATMを導入していく」とのべています。

 この計画通りにすすめば、客がパチンコ資金を引き出すためだけの銀行ATMが、全国に約1万2000店舗といわれるパチンコホールの大半に設置されることになります。パチンコ依存症の増大や経済的なトラブルなど大きな社会問題が起こることが懸念されます。

 トラスト社の担当者は、IIJの投資家向けの説明について「将来展望としてはそうした中長期の目標をもっている」と答えています。

「中止検討せず」
 IIJ広報の話 8000台という展望は、連結子会社であるトラストネットワークスの事業計画をそのまま記載したものだ。これまでの試行で問題はなく、「のめりこみ」防止策を盛り込むなどパチンコ業界の健全化に資するものと考えており、中止を検討することはない。

 インターネットイニシアティブ(IIJ) インターネット接続サービス、ネットワーク関連サービスなどを行っているIT関連のベンチャー企業(1992年12月設立)。官公需に強く、2009年3月期決算では営業収益697億円、当期利益14億円を計上。主要株主には日本電信電話、伊藤忠商事、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズなどが名前を連ねています。「トラストネットワークス」は同社の連結子会社で、IIJは2人の役員を送り込んでいます。
パチンコにお金を使いすぎて破産したり、家族離散する人がたくさんいるというのに、それを助長するようなシステムに荷担するのはいかがなものでしょうか? 利益にさえなれば仕事は選ばないと言うことですか・・・。IIJには失望しました。

テーマ:会社・組織 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/11/15(日) 20:29:41|
  2. 会社・組織
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

違法コピーソフトウェアの通報先

コンピュータ・ソフトウェア違法コピー不法コピー不正コピーは犯罪です! コンピュータ・ソフトウェア違法コピー不法コピー不正コピーを見付けたら、以下のWebサイトから通報しましょう!

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会ACCS
不正コピー情報ポスト
http://www2.accsjp.or.jp/piracy/

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA
情報提供について
http://www.bsa.or.jp/enforcement/provide.html

テーマ:ソフトウェア開発 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/11/15(日) 06:24:50|
  2. 会社・組織
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライオンズクラブ

まず最初に申し上げておきますが、この記事は、

埼玉西武ライオンズとは関係ありません(笑)。
ライオンズマンションとも関係有りません(笑)。

冗談はさておき、このライオンズクラブロータリークラブと同様に社会貢献、社会奉仕を目的に設立された団体で、世界最大の社会奉仕団体です。世界中の各都市に支部(クラブ)があります。京都ライオンズクラブのWebサイトに分かりやすい説明がありましたので紹介致します。

京都ライオンズクラブ
http://www.kyoto-lions.gr.jp/
ライオンズクラブは1917年にアメリカ、シカゴ市で誕生。メルビン・ジョーンズ氏により創始されました。現在では世界197の国、又は領域にわたり広く組織されている国際クラブで、131万人余の会員を擁する世界最大の奉仕団体です。わが国では1952年東京において最初のクラブが結成され、その後年々発展を続け現在3415クラブ、12万3千人余の会員が所属し、「We Serve(我々は奉仕する)」をモットーとして活動に参加しております。
身近に会員がいるかも知れませんね。頑張って頂きたいものです。ライオンズクラブに関する詳細は以下のWebサイトでご確認下さい。

Volunteer Organizations Lions Clubs International
http://www.lionsclubs.org/

ボランティア組織:ライオンズクラブ国際協会
http://www.lionsclubs.org/JA/

ガバナー協議会議長連絡会議
http://www.japan-lionsclubs.jp/

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2009/11/10(火) 11:07:47|
  2. 会社・組織
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロータリークラブ

まず最初に申し上げておきますが、この記事は、

ロリータクラブ

に関するものではありません(笑)。冗談はさておき、駅前の広場や公園などに「○○ロータリークラブ」といった石碑や看板が掛かっているのを見たことがありませんか? ロータリークラブとは、主に自営業者による社会奉仕をするための団体です。ロータリークラブは世界的な団体で、世界中の各都市に支部のようなものがあります。帯広南ロータリークラブのWebサイトに分かりやすい説明がありましたので紹介致します。

帯広南ロータリークラブ
http://www.obihirominami-rc.jp/
ロータリークラブとはどの様な団体?
ひと言でいえば奉仕クラブ組織ですが、自分の職業を通じて世界の人々へ奉仕することに主眼がおかれています。

ロータリーとは「人道的な奉仕を行い、あらゆる職業において高度の道徳的水準を守ることを奨励し、かつ世界における親善と平和の確立に寄与することを目指した実業人および専門職業人が世界的に結び合った団体である」と定義され、またロータリークラブとは「奉仕の理想を各人の個人生活、職業生活および社会生活実践の基盤とすることに同意した、実業人や専門職業人によって構成されたクラブ」と定義されています。

何か難しそうですが、実際は会員同士の親睦を深め、自己啓発を進めながら、自分の職業を生かして世界や地域に奉仕していくことを目指しています。

ロータリーの発祥と現在の規模
シカゴという大都会の中で孤独と疎外感に悩むポール・ハリスという青年弁護士が、1905年2月23日、3人の仲間とともに「実業人が友愛の気持ちをもって親しみ合い、仕事のうえでの知り合いの輪を広げていくために定期的に集まる会をつくる」というアイディアからロータリーが生まれました。

現在では全世界の168の国と32,462のロータリークラブがあり、1,209,790人(2005年12月公式発表)のロータリアンがおられます。

日本では各都道府県に2,326のクラブがあり、101,133人のロータリアンが活動しています。

ロータリーではどのような活動しているのか
次の4つの奉仕活動が中心となって活動されています。

・クラブ奉仕
会員相互の親睦を深め、和気あいあいとした協力体制を作ります。また、クラブ全体の運営・調和を図る役割もあります。

・職業奉仕
すべてのロータリアンが各自職場での代表でありロータリーの理想の模範を示し、その理想を分かち合うように勧めることを目的とします。これを端的に表したのが有名な四つのテストです。

●四つのテスト
【言行はこれに照らしてから】
1.真実かどうか
2.みんなに公平か
3.好意と友情を深めるか
4.みんなのためになるかどうか

・社会奉仕
地域社会の中でその社会が欲しているものを探しだし、そのニーズに対して適切な奉仕活動を行います。

・国際奉仕
ロータリーが世界平和と各国間の理解のために強力な力となっている分野です。青少年留学生の派遣や受入れ、世界各地の災害などへの援助など世界的な社会奉仕活動を行っており、世界中からポリオをなくすためのワクチンや医師を提供するポリオプラスは日本が提唱し世界的に推進されているプログラムです。

例会と卓話
ロータリークラブは通常毎週1回例会を開催します。

その例会では、クラブとしての活動報告や連絡事項の伝達などがありますが、その後半に「卓話」という会員や有識者による30分間の講演があります。この卓話はロータリークラブの最大の特徴ですが、貴重な自己研鑽の材料となります。
この他にも親睦を深めるための家族会や同好会活動があります。
あと、インターネット上のフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、以下の著名人もロータリークラブの会員であるそうです(故人含む)。
松下幸之助
千玄室
藤山一郎
司葉子
ウィンストン・チャーチル
マーガレット・サッチャー
トーマス・エジソン
ボードゥアン1世
エディンバラ公フィリップ
ジョージ・ウォーカー・ブッシュ
李明博
なお、上記著名ロータリークラブ会員に政治家が含まれておりますが、政治家として入会したのではなく、政治家になる前の生業において推薦され、入会していたそうです。

こうしてみると、意外と身近に会員がいるかも知れませんね。頑張って頂きたいものです。ロータリークラブに関する詳細は以下のWebサイトにてご確認下さい。

Rotary International(英語)
http://www.rotary.org/

ROTARY JAPAN
http://www.rotary.or.jp/

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2009/11/10(火) 10:32:45|
  2. 会社・組織
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JBMIA

JBMIA」とは「Japan Business Machine and Information System Industries Association」の略称で、「社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会」を意味する用語です。

JBMIA社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会)」の公式Webサイトによると、以下のような活動をしているようです。

社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会
JBMIAについて 事業報告・計画 重点課題別事業活動の概要

http://www.jbmia.or.jp/about/jigyo/H20_002.htm
1.ビジネス機械・情報システム産業としての中長期的対応
 (1)「エコオフィス」への取り組み
 (2)中期的課題への取り組み
   ①「ユビキタスコラボレーション=UC」コンセプトの普及啓蒙
   ②電子ペーパー
   ③サービス・サポート
 (3)知的財産問題への対応
 (4)公益法人改革

2.高度循環型社会構築に向けた先進的取り組み
 (1)環境ラベルのハーモナイゼーションの推進
 (2)3Rの推進
 (3)静脈物流共同事業の充実
 (4)国内法関連への対応
 (5)電機・電子4団体の連携による活動の推進
 (6)温暖化対応とグリーンITの推進

3.製品安全問題等への適切な対応
 (1)大地震発生時の複写機の安全確保問題
 (2)シュレッダの安全対策
 (3)長期使用製品への対応
 (4)マルチメディア機器関連対策
 (5)基準認証制度

4.標準化戦略の着実な実施
 (1)情報アクセシビリティ等における国際標準化
 (2)JIS及びJBMSの作成活動
 (3)国際標準機関の活動
 (4)国際標準化対応検討会
 (5)BMLinkS、PJLink

5.国際協力・国際交流等への取り組み
 (1)ITA関税問題
 (2)通商問題への対応
 (3)中国との交流の実施
 (4)海外の関係業界団体との交流推進
 (5)軽機械センター再編強化

6.事務局機能の充実強化
 (1)業務の改善
 (2)広報活動
 (3)統計作成
 (4)50周年記念事業
 (5)関連団体との連携
詳しくは以下の公式Webサイトにてご確認下さい。

社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会
http://www.jbmia.or.jp/

テーマ:会社・組織 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/10/20(火) 09:42:45|
  2. 会社・組織
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CIAJ

CIAJ」とは「Communications and Information network Association of Japan」の略称で、「一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会」を意味する用語です。

CIAJ一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会)」の公式Webサイトによると、以下のような活動をしているようです。

一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会
CIAJの活動内容

http://www.ciaj.or.jp/content/gaiyou/katudou_top.html
1.事業環境の改善
■国の政策への要望や意見発信の強化
■情報通信機器の技術基準に関わる試験・認証の支援
■携帯電話の利用実態調査の実施

2.事業機会(ビジネスチャンス)の創出
CIAJビジネス&ネットワーキング・セッション(C-BNS)
■海外情勢の分析と会員のグローバルビジネス支援
■情報通信機器等の相互接続性確保の推進

3.情報提供
■情報通信機器統計の発信、中期需要予測の作成発行
■国際的なICT展示会の主催
■広報活動、報道対応、海外市場情報の発信
■新興・中小企業に特化した情報提供、ミニ法務相談会の開催
■事業に役立つ情報の提供

4.共通課題への取り組み
■使用済み携帯電話・PHSのリサイクルの推進
■環境負荷低減への取り組み
■電気用品安全法によるリチウムイオン蓄電池の安全性規制の導入を推進
■IPネットワークにおける品質・機能等に関するガイドラインの制定・運用
■ファクシミリ通信のセキュリティ向上を推進する活動
■情報通信機器及びサービスのアクセシビリティ(情報バリアフリー) 確保の取り組み
詳しくは以下の公式Webサイトにてご確認下さい。

一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会
http://www.ciaj.or.jp/

テーマ:会社・組織 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/10/20(火) 09:21:46|
  2. 会社・組織
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JEMIMA

JEMIMA」とは「Japan Electric Measuring Instruments Manufacturers' Association」の略称で、「社団法人日本電気計測器工業会」を意味する用語です。

JEMIMA社団法人日本電気計測器工業会)」の公式Webサイトによると、以下のような活動をしているようです。

社団法人日本電気計測器工業会
役割と活動

http://www.jemima.or.jp/outline/roles.html
1.法規制・規格、環境対応事業
●法規制・規格に関する事業
国内外の電気計測器に係る各種法律・規格(製品安全、EMCなど)について、その制定・改廃に関する情報及び「欧州計測器関連団体との交流」を実施し最新情報の収集分析を行っています。

●環境グリーン事業
RoHS指令見直しの対応、中国「電子情報製品の汚染制御管理弁法」フォローアップ、REACH規制の情報収集及び施行が準備されているその他の環境規制・標準化関連の調査を行い、JEMIMAの対応指針を明確にし、関連機関に対して規制・規格の制定に的確な情報提供、意見提案を行っています。

●輸出管理に関する事業
輸出関連法規などの啓蒙・遵守徹底を図り、会員の健全な経営に寄与するため「輸出管理教本・入門から実務まで」 を発行し、「安全保障貿易管理説明会」、「米国輸出規制(EAR)の講習会」を開催するなど輸出管理の最新情報を提供しています。

●資材調達事業
資材調達を巡る諸問題の解決、中国を中心とした海外調達状況調査、グリーン調達課題、業務の効率化などについて対応しています。

2.標準化推進事業
●国際規格審議・委員派遣
国際規格審議機関(IEC、ISO)の日本国内審議の場として経済産業省から事務局機能を受託し、下記の国内委員会を設置・運営すると共に、有識者を国際会議へ派遣し日本の意見を反映させるべく取組んでいます。
ISO/TC30(管路における流量測定)
IEC/TC45(原子力計測)
IEC/TC65(工業用プロセス計測制御)

●IEC/TC65総会 日本開催
IEC/TC65総会(IEC TC65プレナリ東京会議)を日本で開催(2008年5月)し、わが国の国際標準化への積極的な取り組み姿勢を示し、日本および当工業会会員業のプレゼンス向上を図る機会となりました。

●国際規格共同開発調査研究
「産業オートメーション分野におけるネットワーク標準化に係わる調査研究と国際提案」をテーマとして経済産業省から、標準化調査研究事業を受託しています。フィールド無線ネットワークの通信方式に係わる規格提案及び高可用性(High Availability)をイーサネット上で実現する冗長化通信方式に係わる規格提案をIEC/TC65に行います。

●日本工業規格(JIS)原案作成事業
標準化活動の一環として、国際規格(ISO、IEC)との整合性を図るため、日本工業規格(JIS)原案作成事業も行っています。

3.新しいビジネスの展開に関する事業
●校正事業推進事業
(独)産業技術総合研究所、(独)製品評価技術基盤機構の協力を得て、JCSS(計量法校正事業者登録制度)の諸問題の解決、制度の普及、需要の喚起を図ると共に、計測標準フォーラムなど行政機関へ業界意見の反映を行っています。

●PLIBの推進
国内外の関連団体、業界等との連携を含め、PLIB(*)の実用化を目指した活動及びXML-EDI等を用いたユーザへの情報提供のビジネスモデル構築に向けた作業手順を検討しています。(*) ISO13584 Parts LIBrary 規格のことで、機器、部材、部品を表記する辞書規格です。2007年1月10日付けで、環境計測器PLIB辞書が国際規格ISO13584-501として、正式な国際規格となりました。

●工業用無線技術調査
PA計測制御分野で無線ネットワークの導入に対応して、工業用無線技術の国際動向の把握や無線周辺技術の活用について調査検討を進めています。

4.安全・セキュリティ事業
●機能安全調査研究
PA・FA計測制御分野向けの安全計装システムを含む機能安全に関する標準規格及び対応製品の本格適用・実用化について、普及活動をしています。

●PA・FA計測制御分野のセキュリティ調査研究
製造業分野でネットワークのオープン化に伴い、セキュリティに関する取り組みを諸団体と連携し調査研究しています。

5.統計事業
●自主統計
会員企業より電気計測器の統計データの提供を受け、自主統計(PA用計測制御機器統計、指示計器統計、電気測定器統計、放射線計測器統計、電子応用計測器統計、環境計測器統計、FA用計測制御機器統計など)を作成しています。

●需要予測
自主統計を基にユーザニーズと市場動向を調査分析した需要予測報告書「電気計測器の中期予測」を毎年作成し、12月に発行・発表会を開催(東京・大阪)しています。

6.広報事業
JEMIMA Webサイト」、 「会報」、「メールマガジン」「MandCポータルサイト 」などの広報媒体により、 JEMIMAの委員会活動、展示会、セミナーおよび官庁 からの情報を発信しています。

7.展示会事業
計測展は1955年に第1回を開催以来、国内最大の「計測・制御技術の専門展」として成長してきました。開催地は東京、大阪で交互に毎年開催しています。 今後の開催予定は、次のとおりです。
「計測展2008OSAKA」 2008/11/26~28  グランキューブ大阪
「計測展2009TOKYO」 2009/11/18~20  東京ビッグサイト

8.セミナー事業
各委員会では最新の情報をもとに、「EMC」、「RoHS」、 「規格」、「貿易管理」、「中期予測」、「JCSS」、「広報対応」など、JEMIMAならではの各種セミナーを開催しています。
詳しくは以下の公式Webサイトにてご確認下さい。

社団法人日本電気計測器工業会
http://www.jemima.or.jp/

テーマ:会社・組織 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/10/20(火) 08:55:41|
  2. 会社・組織
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JEMA

JEMA」とは「The Japan Electrical Manufacturers' Association」の略称で、「社団法人日本電機工業会」を意味する用語です。

JEMA社団法人日本電機工業会)」の公式Webサイトによると、以下のような活動をしているようです。

社団法人日本電機工業会
JEMA案内→主な活動内容

http://www.jema-net.or.jp/
電機産業振興のための対策の立案と推進
電気機械器具、発電用原動機及び原子力機器の製造並びにこれに関連する事業の総合的な進歩発展を図り、これを通じてわが国経済の繁栄と国民生活の向上はもとより、世界経済の一層の発展に貢献するための諸事業を展開しています。

企業経営に関する調査研究
会員企業への支援を行うため、経営、製造物責任制度、税制、企業会計、労務、安全衛生、知的所有権等に関する調査研究を行っています。

会員に共通する政府諸施策・行政への提言と協力
電機産業の振興に関する政府諸施策に関するよりよい諸施策・立法化について提言を行うと共に、それらの実現を目指し協力しています。
詳しくは以下の公式Webサイトにてご確認下さい。

社団法人日本電機工業会
http://www.jema-net.or.jp/

テーマ:会社・組織 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2009/10/20(火) 03:23:57|
  2. 会社・組織
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。