北アラバ公国

UNIX、ORACLE、NETWORK等、IT、情報通信に関する話題と技術メモ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Microsoftが次期OSの正式名称を「Windows 8」に決定

Microsoftが次期OSの正式名称を「Windows 8」に決定したそうです。

PC Watch 2012年4月17日
Microsoft、次期OSの正式名称を「Windows 8」に決定
~x86/x64は「無印」と「Pro」に集約、ARM版は「RT」に

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120417_526937.html
 米Microsoftは16日(現地時間)、ブログ「Blogging Windows」にて、次期OSの正式名称を「Windows 8」に決定したと発表した。これに伴い、エディションを公開した。

 x86/x64プロセッサ用のWindows 8は、従来あったStarter/Home Basic/Home Premium/Professional/Ultimateの5つを廃止し、無印の「Windows 8」と、上位版となる「Windows 8 Pro」の2つのエディションに集約された。

 無印のWindows 8ではMetroUIベースの「Live Tiles」、アプリケーションストア「Windows Store」、メール/カレンダー/メッセンジングなどの各種アプリ、Internet Explorer 10、Connected standbyなどの機能を搭載する。

 Proでは、上記に加えて、暗号化技術のBitLockerや、Virutal HDからブートする機能、Hyper-Vのクライアント、ドメインへの参加、ファイルシステムの暗号化、グループポリシー、リモートデスクトップ機能を備える。

 無印版では従来のStarter/Home Basic/Home Premiumからアップデートできるが、Professional/Ultimateからのアップグレードインストールはできない。一方Proはすべてのエディションからアップグレード可能となっている。

 また、従来からWindows On ARMと呼ばれていたARMプロセッサ用のWindowsは「Windows RT」の名称となり、メーカー製PCのプリインストールベースでのみ提供される。Word/Excel/PowerPoint/OneNoteなどの Microsoft Officeが統合されるほか、デバイスごとの暗号化などが可能。

 そのほかの基本機能はx86/x64の無印版に準じるが、x86/x64版ソフトウェアのインストールが不可なほか、Storage Spaces、Windows Media Playerは非搭載となっている。

 なお、Windows 8はオンザフライでUIの表示言語を切り替えられるが、中国や新興市場向けには特定言語のみのWindows 8も提供する。
95/98系のバージョンは3.1→95→98→98SE→Me→XP→Vista→7→8。NT系のバージョンは4.0→2000→XP→Vista→7→8。結構バージョンのネーミングって適当ですね・・・。尤も性能が良ければそれで良いのですが。

<公爵の独り言>
我が家のメインマシンは未だにWindows 2000 SP4です(笑)。

スポンサーサイト

テーマ:Windows 全般 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2012/04/18(水) 23:23:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リンク先Webサイトを別ウィンドウで表示する方法

Microsoft Windows搭載PCにおいてMicrosoft Internet Explorerを使ってWebサイトを閲覧している時、Webサイト内のリンクハイパーリンク)をクリックすると、リンクのHTMLタグ設定によっては元のウィンドウにリンクWebサイトを表示したり、別ウィンドウを立ち上げてリンクWebサイトを表示したりします。

リンクのHTMLタグ設定に関わらず別ウィンドウを立ち上げてリンク先のWebサイトを表示したい場合は、SHIFTキー」を押下しながらリンクをクリックします

お試し下さい。

テーマ:パソコン初心者 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/01/15(土) 19:14:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Internet Explorerで使用するメモリの節約方法

Microsoft Windows搭載PCにおいてMicrosoft Internet Explorer(以下IEと表記)の画面を複数使う場合、画面の立ち上げ方によってメモリの使用量が大きく変わります。

例えばIEの画面が既に1個起動している状態で2画面追加したい場合、IEのアイコンをダブルクリックして2個のIEを追加で起動すると、Windows内部では新たにIEのプロセスが2個起動し、それぞれが必要なメモリを確保します。そのため、IEを複数起動すると、使用するメモリは起動する数に比例して多くなります。

Windowsタスクマネージャでメモリの使用量を確認すると以下のようになっております(Microsoft Internet Explorer 6.0でYahoo! JAPANのトップページを表示した場合)。

--------------------------------------------------
<IEを1個起動した場合>
IEXPLORE.EXE 34,960KB
--------------------------------------------------
<IEを追加で2個起動した場合>
IEXPLORE.EXE 34,960KB
IEXPLORE.EXE 35,600KB
IEXPLORE.EXE 35,608KB
合計 106,168KB
--------------------------------------------------

しかし、使用するメモリを節約しながらIEの画面を増やす方法があります。IEのメニューバーから「ファイル→新規作成→ウィンドウ」またはショートカットキー「CTRL」+「N」を押下すると、追加された画面の処理に必要なメモリは確保されますが、IEのプロセス自体は既に起動しているプロセスのみとなります。

Windowsタスクマネージャでメモリの使用量を確認すると以下のようになっております(Microsoft Internet Explorer 6.0でYahoo! JAPANのトップページを表示した場合)。

--------------------------------------------------
<IEを1個起動した場合>
IEXPLORE.EXE 34,960KB
--------------------------------------------------
<IEからウィンドウを2個新規作成した場合>
IEXPLORE.EXE 51,632KB
--------------------------------------------------

IEを新しく起動した場合に比べて、メモリの使用量が半分以下になっています。搭載メモリの少ないPCなどでIEを複数使う時には、「ファイル→新規作成→ウィンドウ」またはショートカットキー「CTRL」+「N」でIEの画面を増やした方がメモリを節約出来ます。

但しこの方法にもデメリットがあります。個別にIEを起動して画面を増やした場合、それぞれの画面を別のIEのプロセスが管理しているので、どこかの画面でエラーが発生してもエラーが発生した画面のみ異常終了となります。しかし「ファイル→新規作成→ウィンドウ」またはショートカットキー「CTRL」+「N」で画面を増やした場合、全ての画面を同一のIEのプロセスが管理しているので、どこかの画面でエラーが発生すると全ての画面が異常終了となります。ご注意下さい。

テーマ:パソコン初心者 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2011/01/15(土) 18:52:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新型インフルエンザ

最近、新型インフルエンザの感染者数が増加していますね。私の職場でも注意喚起のメールが配信されて来ました。情報システムの設計、開発、運用は、エンジニアの方々に支えられています。エンジニアの方々が新型インフルエンザで倒れては、プロジェクトの進行もままならなくなります。新型インフルエンザには十分注意しましょう。

テーマ:インフルエンザ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2009/05/19(火) 02:31:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

インターネット上のフリー百科事典ウィキペディアWikipedia』。ここ数年、インターネットで情報を検索すると『ウィキペディアWikipedia』に登録された情報が最初にヒットすることが多いので、利用したことのある人も多いと思います(私もよく参照します)。フリー(無料、自由)で、誰でも自由に編集可能なため、常に誰かが情報を更新しており、「一般常識」から「マニアックな情報」、「どうでもいい情報」まで、膨大な量の情報を蓄積しております。しかも世界各国の言語で。これは凄いとしか言いようがありません。まさに「知の集積」と言えると思います。

しかし、Webサイトやブログなど、Webコンテンツを作成する側にとっては、『ウィキペディアWikipedia』はある意味「鬼門」です。『ウィキペディアWikipedia』が登場する前までは、独自の内容のWebコンテンツを作れば検索エンジンで上位に掲載されました。しかし『ウィキペディアWikipedia』が登場してからは、『ウィキペディアWikipedia』の情報更新頻度は非常に高く、また内容が充実しているため、相当マニアックな情報でないと検索エンジンで『ウィキペディア(Wikipedia)』よりも上位に表示されないのです。まぁ、ブログの記事を書くのに『ウィキペディア(Wikipedia)』を参照しているようではどう考えても『ウィキペディア(Wikipedia)』に勝つことなんか出来ないんですけどね・・・orz。

あと、先に述べたように「誰でも自由に編集可能」なため、偏った情報、間違った情報がそのままインターネット上に流布される危険性もあります。そしてその偏った情報、誤った情報を情報ソースにしてコンテンツが作られたりします。これは危険です。最近は誤った情報の掲載については対策がとられているようですが、利用する側としては情報の取捨選択に十分な注意が必要です。

フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)』。上手に活用すればとても便利なサイトです。適切に利用して、インターネットライフをエンジョイしましょう!

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/

<公爵の独り言>
なお、『ウィキペディア(Wikipedia)』には以下のようなパロディサイトもあります(笑)。

自由気ままな百科事典『アンサイクロペディアUncyclopedia)』
http://ja.uncyclopedia.info/

テーマ:インターネットサービス - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/12/09(火) 10:48:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windowsでよく使うショートカットキー(追記)

以前、Microsoft WindowsおよびMicrosoft Windows上で稼働するアプリケーションソフトでよく使われるショートカットキーを紹介しましたが、この記事はその追記です。

【WIN】+【D】
 デスクトップの表示

【WIN】+【M】
 全ウィンドウの最小化

【WIN】+【R】
 「名前を指定して実行」ダイアログ表示
 
【WIN】+【BREAK】
 「システムのプロパティ」表示

【CTRL】+【ESC】
 「スタートメニュー」表示

作業効率向上に役立つと幸いです。

テーマ:パソコン豆知識 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/06/05(木) 18:27:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windowsでよく使うかな漢字一括変換キー

Microsoft WindowsおよびMicrosoft Windows上で稼働するアプリケーションソフトでよく使われるかな漢字一括変換キーを紹介します。

【F6】ひらがな
【F7】全角カタカナ
【F8】半角カタカナ
【F9】全角英数
【F10】半角英数

なお、上記のキー割り当てはかな漢字変換システム(IMEとかATOKなど)によっては、若干違う可能性もありますのでご了承下さい。

テーマ:パソコン豆知識 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/06/01(日) 21:47:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Windowsでよく使うショートカットキー

Microsoft WindowsおよびMicrosoft Windows上で稼働するアプリケーションソフトでよく使われるショートカットキーを紹介します。

【ALT】+【TAB】
 ウィンドウの切り替え(アプリケーションの切り替え)

【ALT】+【F4】
 アクティブなウィンドウを閉じる

【CTRL】+【1】
 セルの書式設定(Microsoft Excel)

【CTRL】+【A】
 全て選択

【CTRL】+【B】
 選択した文字を強調文字(太字)にする(2回目は解除)

【CTRL】+【C】
 クリップボードにコピー

【CTRL】+【F】
 検索

【CTRL】+【H】
 置換

【CTRL】+【I】
 選択した文字を斜体字にする(2回目は解除)

【CTRL】+【K】
 選択した文字にハイパーリンクを設定する(Microsoft Office)

【CTRL】+【N】
 新規作成

【CTRL】+【O】
 ファイルを開く

【CTRL】+【P】
 印刷

【CTRL】+【S】
 上書き保存

【CTRL】+【U】
 選択した文字にアンダーラインを引く(2回目は解除)

【CTRL】+【V】
 クリップボードから貼り付け

【CTRL】+【X】
 クリップボードに切り取り

【CTRL】+【Z】
 直前の操作の取り消し

【CTRL】+【ALT】+【DEL】
 「Windowsのセキュリティ」ダイアログ表示

【WIN】+【E】
 エクスプローラの起動

【WIN】+【M】
 デスクトップの表示(全ウィンドウ最小化)

【F1】
 ヘルプの表示

【F2】
 セル内の編集(Microsoft Excel)
 
【F4】
 直前の操作の繰り返し(Microsoft Office)

【F5】
 最新の情報に更新(Webブラウザ)

【F12】
 名前を付けて保存(Microsoft Office)

他にも色々あると思いますが、とりあえず今回は私がよく使うものだけ紹介しました。作業効率向上に役立つと幸いです。

テーマ:パソコン豆知識 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/06/01(日) 21:38:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。